<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夢に蹴りをつける。

ここ最近、ブログを書き始めてはやめる、ということを繰り返していました。
人間って、ひとつ言ってはいけないことがあると、
他のことにも口が重くなるんだな、ということを発見しました。

城彰二の引退。

私たちスタッフが正式にその決意を知らされたのは、
ほんの数週間前のことでした。
それからというもの、引退発表に向けた調整を進め、
必然的に至上命題となった、横浜FCの昇格を祈り、
通常業務をこなしつつも、完全にそこから気持ちが離れることはなく、
常に頭の中でなにかがグルグルと回っているような気がしていました。

11月23日、引退発表。
そして迎えた歓喜の瞬間、11月26日。

すべてが怒涛のごとく過ぎ去っていく中で、
城彰二のみならず、奥寺康彦への取材依頼ももちろん殺到し、
優勝の喜びをかみしめる暇もない私たちですが、
ふと城彰二はどうなんだろう、と思います。
残り1試合、選手として過ごすわずかな時間を、
何を考えて、どんなふうに過ごしているのか。
楽しく幸せな時間を持っていてくれたらいいな、と思いますし、
なんとなく、きっとそうだろうな、という気もしています。

夢に蹴りをつける。

今季、J1昇格への決意を込めてつけられた横浜FCのスローガン。
たくさんの人たちの、いろんな思い、願い、祈り。
夢の結実である、昇格と優勝。

横浜FCの初代キャプテンにして、フリューゲルスを知る男・渡邉一平。
鳥栖vs横浜FCの解説を担当していた一平は、
ロスタイムに入ってからの記憶がないと言います。
試合が終わり、実況の下田さんに促されて話し始めたとき、
一平の声が震えていたのは気のせいではなかったようです。
過去から続く長い夢の結実。

長らく横浜FCのスタジアムDJをつとめていた中村義昭。
J2昇格争いが佳境に差し掛かり、彼が任されたのは神戸の担当。
横浜FCが優勝を決めた瞬間は、神戸がまさかのドローに追いつかれた瞬間。
神戸から帰京したJUMBOに 『優勝しましたね!』 と声をかけると、
「うん、でも神戸がさ・・・」 とがっくり落ち込んだ返事が返ってきました。
やはり何試合も見続けていると情も湧いてしまいますよね。
そうは言っても嬉しさは隠せませんが。

そしてその瞬間を迎えたときの私はといいますと、
かなりの混乱、というか、とまどいの中にいました。
なぜなら、たくさんの人に 『おめでとう!』 と声をかけて頂いたからです!
ボランチでマネージメントを手がける奥寺康彦が社長を勤め、
キャプテンは城彰二で、
関連会社のフリースタイルが運営を担当し、
渡邉一平は初代キャプテンだし、中村義昭はスタジアムDJを担当していた・・・、
つまりはボランチ=横浜FC、私=ボランチ社員、私=横浜FC。
おめでとう、と言われてある意味当然の立場にいる、ということに気づき、
正直、ちょっとびっくりしてしまいました。
朝日新聞には弊社社長が城よりも目立って載っており、
サッカーアースにはフリースタイル高木社長が何度も写りこみ、
そうやって身近な人の露出を見ても、なんだか遠いことのようで実感が湧きません。
横浜FCの優勝、というトピックスは、その事実以上に、
様々な意味を含んでいることだと思います。
こんな歴史を刻む瞬間に身をおけることは滅多にないこと。
なのに贅沢すぎてどう処理していいのやら持て余し気味なのです!!!
せっかくおめでとうと言ってくださったのに、
『いやもう本当に、、、すいません、、、』 などと何故か謝ってしまったりして、
声をかけてくださった方々もう本当にすいません!!!
[PR]
by volante_akiko | 2006-11-30 13:24

ゴールが入った瞬間、これでまたみんなとサッカーができると思って、  ベンチに思いっきり走りました。

先日のAFCユース選手権でサウジアラビアに勝利した後の、
決勝ゴールを決めた青木選手のインタビューです。
このコメント、ものすごく高校サッカーぽいなーと思っていたら、
その後にこんな記事を見つけました。
青木選手は今年の高校サッカー選手権で優勝した野洲高校のメンバーでしたが、
延長戦に入る時、野洲高校の山本監督がこう言ったそうです。
「よかったな。まだあと20分、このメンバーでサッカーができるじゃないか」
試合に負けても勝っても、このメンバーでサッカーをするのはこれが最後。
そんな刹那的なセンチメンタルな気分が高校サッカーを盛り上げるものですが、
U-19やU-21などの年代別の代表を見ていても同じことを感じます。
たまに本当に選手がキラキラ輝いているように見えたりするのは私だけでしょうか?
惜しくも優勝を逃したU-19、韓国に力の差を見せ付けられたU-21、
それぞれ来年のWユース、そして2008年の北京五輪を目指して頑張って欲しいです!

とはいっても、最終的に目標とするところはA代表。
今日はいよいよ年内最終試合となるサウジアラビア戦。
来年には海外組もいよいよ参加ということで、サバイバルの意味合いも強く、
目が離せない注目の一戦です! ・・・と言いたいところですが、
世間の関心はすっかり松坂選手に持っていかれている気がしないでもない訳で。
やはり野球は永遠のライバルですねっ!

ボランチではこの試合でも国歌独唱歌手のキャスティングをさせて頂いています。
まだキックオフ前ですので、誰とは言えないのですが、
個人的に、ものすごーーーーく楽しみです★
東京でお留守番をさせられているのが残念でなりません・・・。
行きたかった、札幌・・・。

ちなみに、このキャスティングってどうやって決めてるの!?とよく聞かれるのですが、
それは企業秘密です★
が、国歌歌手に限らず、キャスティングって色んな意向が絡み合って、
そりゃーもう複雑だわ!というのが半年関わってみた私の感想です。
現在は、1ヶ月後に迫ったJリーグアウォーズのキャスティングを担当しています。
運営のデスク業も含め、なんだかんだと忙しい1ヶ月になりそうですが、
去年まではビデオに撮ってまで見ていた大好きなアウォーズですので、
大変さよりも楽しみな気持ちが勝っています(いまのところ!?)。
みなさんも楽しみにしていてください♪
[PR]
by volante_akiko | 2006-11-15 17:22

永久順位

先日のブンデスリーガでの出来事。
試合に関係のない場面で、会場がワーッと沸いた瞬間がありました。
特に気に留めてもいなかったのですが、
あとから聞くと思いがけず興味深い言葉にぶち当たりました。
「永久順位ってご存知ですか?」
???え?なんのことですか?
私はもちろん、JUMBOも野々村も首をかしげる耳慣れない言葉。
これが、なななななんと!
ブンデスリーガが創設されてからの勝ち点を、ずーっと足し続けた総合順位というものがあり、
それを『永久順位』と呼んでいるんだそうです。
1位がもちろんバイエルン。
そして11月4日時点で、2位のHSVと3位のブレーメンの勝ち点差は2。
つまりこの日HSVが負けてブレーメンが勝つと、
この永久順位の2位と3位が逆転するという歴史的瞬間が訪れることになっているらしいのです!
そのため、この日ブレーメンの試合会場では常にHSVの試合経過が告知されており、
ヴォルフスブルクが1点を奪ったというニュースが流れた瞬間に、スタジアムがどっと沸いた、
というわけでした。
結果的にはHSVは負けたものの、ブレーメンも引き分けたため、
勝ち点差は縮めたものの、歓喜の瞬間はお預けとなりました。

それにしてもこの『永久順位』、ものすごくおもしろくないですか!?
自然と気になってくるのは、そう。
Jリーグの永久順位ってどうなってるんだろう?

というわけで!
ジャジャーーーーン★
J1リーグ永久順位since1993を今夜大発表いたしまーーーす!

参考資料は、Jリーグ公式記録集2006。通称・赤本。
いつもお世話になっております♪
算出方法はいたって簡単。
J1リーグ戦総合成績表というものがあり、
各クラブのJ1通算試合数とその内訳(勝・引分・負の数)が載っていますので、
(勝ち試合数×3)+(引き分け試合数×1)=総合勝ち点数を出し、
多い順に並べただけです。
さてさてその結果やいかに・・・

<J1リーグ永久順位 2006.11.6現在>

(順位・クラブ・勝ち点)
1  鹿島 861
2  磐田 820
3  横浜FM 811
4  清水 769
5  名古屋 720
6  東京V 684
7  G大阪 668
8  浦和 664
9  千葉 641
10 広島 594
11 柏 531
12 C大阪 482
13 横浜F 351
14 F東京 304
15 湘南 283
16 神戸 282
17 京都 251
18 福岡 198
19 大分 143
20 川崎F 133
21 新潟 117
22 札幌  87
23 大宮 75
24 仙台 58
25 甲府 37


どうですか?意外ですか?順当ですか?
今季のリーグが終わる頃にはどうなっているでしょう・・・。



と、まったく話が逸れてしまいましたが、ブンデスリーガ。
ボランチからは野々村&JUMBOでほぼ毎節やらせて頂いています。
2人とも大のブンデス好き!
おなじみのスタッフの方々の雰囲気もとてもよく、
いつも深夜にも関わらず、楽しく仕事をさせて頂いています。
b0098802_11141560.jpg











また、ブンデスといえば奥寺康彦!
今月は11日に、ブレーメンvsドルトムントの一戦を解説しますのでお楽しみに★
[PR]
by volante_akiko | 2006-11-06 22:48