敗退・・・

U-20日本代表、最後の試合が終わってしまいました・・・。
2年前、U-18として立ち上がったこのチームを見始めて2年。
私はこのチームが大好きだったので、とてつもなくショックです。
いつもクールな内田篤人選手の真っ赤な目を見て、
思わずもらい泣きしそうなくらいでしたが、会社でしたので我慢。
U20ワールドカップ(旧ワールドユース)は、隔年開催のため、
そのままのチームでオリンピックを目指せる年と、目指せない年があります。
今のU20の子たちは5年後には24~25歳になってしまうため、
必然的に1年後の北京五輪に向けて、U23への飛び級合流を目指さなければならず、
もちろん全員が入れるわけはなく、
下手をしたら1人か2人が入れるかどうか、といったところでしょう。
つまり、チームの敗退は、そのままチームの解散を意味します。
「このチームはすごく仲がいいので決勝にいけるようにしたいです。」
そんなデカモリシこと森島選手のブログを見てまた涙がでそうです・・・あ、会社でした。
他にも、安田選手河原選手もブログを持っていて、
カナダでの楽しそうな様子をUPしているのでお時間のある方はぜひ。
切ない気分が倍増しますが。。。



さてそんな大事な日に、野々村は一人札幌に飛んでおりました。
昨日は、札幌vs福岡の試合の解説をさせて頂き、
今日はJリーグナイト用に某選手のインタビューの収録をするため、
札幌の練習場に行っているのです。
U20の試合が見れないだろうから、と試合速報を随時メールで送っていたのですが、
最後の最後、PKの結果を入れて「負けました・・・」と送ったところ、
3秒後に返信アリ。
「見てました。全部知ってます。」
・・・途中で言って下さい。

さてそんなイジワル野々村に、昼前に電話をしたところ、
「いま、宮の沢でブランチしてる」とのこと。
そ、そ、それって、『レストランおうるず』ですよねー!いいなー!!!
コンサドーレの練習を見ながら美味しい食事のできるこのお店。
ここには選手の名前をもじったメニューもあり、
以前は、『ノノボランチ』 なるメニューもあったそうですが、
「さすがにもうないんですよね」
「うん、さっき見たけどなかった・・・」
あれ、かなり残念そう・・・。
おうるずの方、復刻版でませんかね???!

ところで誰のインタビューだったかというと、
・・・内緒です!
Jリーグナイトを毎週チェックしてくださいねー★
ヒントは、『野々村2世』なんて言われてるとかいないとか・・・!?
[PR]
# by volante_akiko | 2007-07-12 17:41

新人・・・!?

弊社ボランチに新人ちゃんが入りまして、
新人ボランチではなくなってしまいました。
でも、いつまでも新人の心を忘れずに、ということで、
タイトルは変えないでいかせて頂きます。

新人ちゃんが沢山のことをバリバリこなしてくれるので、
「時間が出来たらやろう・・・」
と思って放置してきたものたちに取り掛かる時間が出来てきました。
そのひとつが、溜まりに溜まったHDD内VTRの整理。
今日は『城彰二引退記念DVD』を作り上げました!
・・・って一体いつから時間がなかったんだっていう話ですよね。
もう半年も経ってしまってますけど!?

と言いつつ、え?これたった半年前の話?というのが、実は正直な感想。
怒涛のような日々だったからか、ものすごく昔のような気がします。
そこには、ひとつのことをやり遂げた満足感ですっきりとした表情の城。
選手としての城彰二の最後のヒトトキ。
今の城は、もうこんな吹っ切れた表情はしていない気がします。
新たな道へ踏み出し、新たな戦いを始めてしまったからでしょうか。

先週1週間、城はB級ライセンスの集中講習に参加していました。
昼夜を通して行われる講義と実技の嵐に、
くたくたになって戻ってきたようです。
「指導者」という新しい目標。
いつかまた、こんな満ち足りた表情を見せてくれる時がくるでしょうか。
[PR]
# by volante_akiko | 2007-07-10 16:08

サッカー用語、どこまでが基礎知識!?

「リトリートってどういうことか説明できる?」
昨日のJリーグナイト07プレビューショーのON AIR中、
プロデューサーの方から突然聞かれました。
「えーと・・・、引いて守る、とかですよね?」
番組では野々村が札幌の戦術について説明中。
『しっかりリトリートして・・・』
「本当にそういう意味?!」
えっ。そういう意味、です、よね???
普段何気なく使っている言葉ですが、改めて聞かれると、
本当にそういう意味なのかどうか全く自信がありません!!!
「じゃあさ、『アタッキング・サード』は?」
攻撃のー、なんかー、えっとそういうエリアの話ですよね・・・。
G大阪の西野監督がよく使ってますよね~・・・。
イメージとしてはわかってるんですけど~・・・。
サッカーに関わっている人間ですらこの有様。
「一般の人には絶対わからないよね。」
確かにその通り。
4月から無料放送となり、一般の人にも見て頂いているJリーグナイト。
サッカーを知らない人にも興味を持ってもらおう、
明日のスタジアムに足を運んでもらおうという番組の趣旨があり、
それに沿ってわかりやすい説明を心掛けているつもりですが、
どこからが専門用語となるのかという感覚が鈍ってしまっているかもしれません。
気をつけないといけませんね!

という訳で、いきなりサッカー用語講座★

アタッキング・サードとは・・・
ピッチの全長を3つに分割し、自陣に近いほうから、
ディフェンシブ・サード
ミドル・サード
アタッキング・サード
と呼びます。
つまり、アタッキング・サードは3つのうち一番相手のゴールに近いエリアですね。
用例としては、
「アタッキング・サードで積極的に仕掛けよう」
「今日の試合はアタッキング・サードでプレイさせてもらえなかった」
というような感じで使います。

リトリートとは・・・
(ほぼ全員が)自陣に引くこと。しっかり守ること。
よく、「リトリートして守る」と言っている人もいますが、
『頭痛が痛い』的な誤りの匂いがしますよね・・・。
用例としては、
「リトリートからのカウンターを得意とするチーム」
というような感じで使います。
ちなみにさらに突っ込むと、
カウンターとは・・・
攻撃してきている相手からボールを奪い、
相手の守備が整わないうちに攻撃に転じて仕掛けること。
つまりは、「速攻」というやつですね。

ちなみに、リトリートに戻りますが、
もともとの言葉の意味は、「撤退・退却」。
転じて「日頃いる場所から離れる」という意味もあり、
企業の研修旅行のことを「リトリート」といったりするらしいです。
私は勝手に「リ・トリート(Re treat)」だと思っていて、
ちょっと外国とか行ってリフレッシュするからそういうんだと思ってました!
思い込みって恐いです。
そしてちょっと利口になってしまいました。

b0098802_165711.jpg

[PR]
# by volante_akiko | 2007-06-27 16:57

城彰二、キャンプイン!

『休んでもいい!でも戻って来い!』
『わかったよビリー!きっと戻るよ!』
・・・と約束してから早2週間。
「で、やめちゃったんだ?」
「やめてません。休んでるだけです。ビリーがいいって言ったんで」
「もう早く貸してよ」
クレープもぐもぐ食べながら言われると説得力があります。
という訳で、会話を交わした翌々日に早速納品。
話題のビリーズブートキャンプです!!!

現時点ですでに1週間ほど毎日やっているらしいのですが、
CMのように7日間で腹筋が割れるなどの効果は残念ながら・・・。
でもちょっとずつ顔が引き締まってきた!ような気がする!
さてさてどうなる!?
[PR]
# by volante_akiko | 2007-06-15 14:27

巨人現る?!

b0098802_4514783.jpg

合成写真ではありません、念のため。

NHK-BSのJリーグタイムMCの枦山南美さんとの一枚。
『椅子に乗ったらちょうどよかったりしてー』
なんて笑っていたら、
本当にぴったりで驚いてしまいました!
小島が大きいのもあるんですが、
枦山さんも小さい!
顔も小さいし細いしお人形さんみたいです。

そんな枦山さんの笑顔が、
ほんわかした雰囲気を醸し出しているこの番組ですが、
舞台裏は相当ハードです。
なんせ21時10分からの生放送。
最終の試合が終わるのが21時。
試合の結果を確認し、順位を確認し、
さらにコメントを考え、
といったことを10分弱の間にこなさなくてはなりません。
もちろんその前に試合をチェックしつつもリハーサルは行われていますが。

一番大変なのはスタッフの方々。
試合が終わる傍からハイライトVTRを作り上げ、
さらには注目カードについては試合のポイントなどを解説するため、
今回なら、自宅でG大阪vs横浜FCを見ていた小島に見所を確認し、
小島がNHKさんに到着する頃にはそれに沿ったVTRが出来ています!
ある程度のコンセプトは事前に話しているものの、
結果を踏まえた微調整も必要ですし、
本当に大変だと思います!

『みんなサッカー大好きな人ばっかりですから』
スタッフの方がおっしゃってたのが印象的です。
この仕事についてから、
好きこそものの上手なれ、を実感することが多々あります。
だから『サッカー好きだよね』と言われると、
なんだか認めてもらえたような気がして嬉しくなったりします。
実際はまだまだ認めてもらえるような仕事人ではないんですが。
頑張ります。



さて。冒頭の写真ですが。
よく見ると、いやよく見なくても、
小島の顔がまんまるすぎやしませんか?!
アスリートの宿命として、
引退後の体重増加との戦いというものがあるわけですが、
出来ればいつまでも素敵でいてもらいたいですよね。

というわけで、
同じように顔がまるくなり始めた城彰二が、
実はあることを始めました!
それは…次回にお知らせします!!
お楽しみに★
[PR]
# by volante_akiko | 2007-06-11 04:51